有休休暇を取得する人

旅バカ

就活前

【サラリーマン必見③】有給休暇を取得して旅に出る人の特徴5選

みなさん、有給休暇は取れてますか?
「明日休みます」って言えますか?
今回は、「有給休暇を取得して旅に出る人の特徴5つ」を二人で考えてみました!

では、早速書いていきます!

有給休暇を取得して旅に出る人の特徴5つ

 先に旅行日決め、有休申請を出しでおく。そして仕事の段取りを組む

② 周りには有給休暇を取得していない人も多いし、仕事が忙しいけど、
  仕事よりも旅に出たい気持ちが大きく上回る

③ 有給休暇を取得する分、これまで以上に生産性を上げて、短時間で最大限の
  効果が出せるように意識して仕事をこなす

④ 量より質で、仕事中に無駄話をしない

⑤ 自分がいなくたって仕事は回ると認識している。そしてそうなるようにきちんと準備している!
TOEIC対策&ビジネス英語ならBizLearn【BizLearn】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世間一般の考え方はどうだろう?

やっぱり有給休暇って取りづらいみたいですね。
上司や同僚の目が気になりますよね?
どうせ有給休暇が取れないなら、せめて金をくれ!ってなりますよね?

【調査結果】「有給休暇に関する意識調査」ビッグローブ株式会社

https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2017/07/170731-1

(1)有給休暇を取得しづらい理由は、「職場の空気」が最多。
   特に20代は、周囲に気を遣う

「有給休暇を取得できない、しづらい理由」を質問したところ、1位は「職場に休める空気がないから」(33.6%)となった。また20代は「上司・同僚が有給休暇を取らないから」が32%と、ほかの世代よりも10ポイント以上高く、周囲を強く気にする傾向が明らかとなった。

(2)他人の有給休暇取得には寛容。
   ただし、管理職は、繁忙期に有給休暇を取られるとイライラ

上司や部下、同僚が有給休暇を取る際にイライラするケースを聞いたところ、「イライラすることはない」と回答した人が約5割で1位に。一方、「繁忙期に堂々と休む」のはイライラすると回答した人は24.2%で2位となった。なお、特に管理職は繁忙期に休まれるとイライラする傾向が強く、34.9%が不快感を示すことがわかった。

(3)有給休暇で最も希望されているのは、「休暇日数の増加」ではなく
   「有給休暇の買い取り」

有給休暇に関して希望していることを質問したところ、「有給休暇の買い取り」と回答した人が45.3%と1位になり、現在、「働き方改革」の一環として注目されている「休暇日数の増加」を上回った。

(4)自分が勤務する会社には「有給休暇を取りやすくする工夫がない」と
   感じている人が7割

自分が勤務する会社は「有給休暇を取りやすくするための工夫をしているか」質問したところ、「工夫がない」と回答した人が74.4%と、大多数が会社の工夫がないと感じている。役職別に見ると、管理職で「工夫がある」と回答した人は34.9%だが、一般社員では23.5%まで落ち込み、一般社員と管理職の間で大きく認識が異なることがわかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後輩
確かに、僕も新入社員の時は、周りの目を気にして、なかなか有休申請することが怖かった時あります。なので、周りの目が気になるっていうのは凄い分かります。それに「休む=悪い」ことっていう空気がありません?

 

確かにね。日本人って子供のころから学校に毎日行くのが偉いっていう風潮があるよね。うちの子も小学生になってから1年ずっと休まず学校に行って皆勤賞をもらったのに、今年は体調崩して休んだことがあって「皆勤賞とれない(涙)」って号泣していたもん。きっと休まず来た子が偉いっていつの間にか学校で教わっているんだなって思ったもん。
先輩

 

後輩
そういう教えをいつのまにか受けて僕らは大人になっているんですね。(笑)でも今の自分は良い意味で自己中になっています。だって少しの勇気で有休申請して旅行したら、その対価が凄すぎたんですよ。有休とって少し滞在時間を伸ばすだけこんなに楽しめるのって。それにみんなが仕事をしている時に旅行を楽しむという快感って何か良いんですよね。(笑)本当今では周りの目を気にすることが馬鹿らしくなっちゃってますね。(笑)

 

性格悪いな(笑)でも本当そうだよね。それに、有休を取って仕事の事を気にせず旅行を楽しみたいから、逆に仕事で抜けが無いように日々の仕事に集中できるよね。うちの会社でも、取らない人は全然とらないよね。周りの目を気にして取れないのかもしれないけど。まあ人の人生それぞれだからそこについては何も言えないね。
先輩

 

後輩
そうですね。仕事に追われる日々の人生が良いのか。少し勇気をふりしぼって有休申請してプライベートを楽しみながら仕事も頑張る人生が良いのか。僕は絶対後者の人生を歩めるようにこれからもいっぱい有休とりますね!

 

【コラム】死ぬ瞬間の5つの後悔

  • 1位:「自分に正直な人生を生きればよかった」
  • 2位:「働きすぎなければよかった」
  • 3位:「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった」
  • 4位:「友人と連絡を取り続ければよかった」
  • 5位:「幸せをあきらめなければよかった」

Amazon.co.jp : 死ぬ瞬間の5つの後悔

 

後輩
このアンケート結果から見ると、やはり自分に正直に生きているかどうかが人生の後悔を無くすことに繋がるのですね。

 

人生の満足度は、自分がしたいことをしたいときにできるかどうかで変わってくるってことだよね。でも、仕事にはどうしても時間取られる。なかなか思うようにはいかないけど、時間がなくてもやりたいことをやってみないといつまでも満足は得られないよね。つまらんと思うことに時間かけたくない。
先輩

僕たちは旅することで人生の幅が広がって、生きるのがかなり楽しくなりました!
やり方しだいで有休は取れる!
いいこといっぱいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度は有給休暇を取得せず、旅をしない・できない人の特徴を考えてみます。
コメントは「先輩」が書いています。イラっとしたらすみません。

有給休暇を取得せず、旅をしない・できない人の特徴

① 有給休暇は、周囲も取ってないし、みんな忙しいのに自分だけ取ったら申し訳ない

先輩
有休取るのが自分だけだったら難しいのはすごくわかります。
僕も小心者です。
でもね、そこは少しでいいので勇気を出してみた方がいいです!
旅に出たあとの満足感は、みんなへの申し訳なさを取り除いてくれます!
あなたの人生の主人公は誰ですか?あなたですよね!
多少自己中でいいんですよ!旅はどんな形であれ楽しい!
有休取って、一緒に旅に出よう!

② 締め切りに追われているから、今は休めない

先輩
有休取ると決めたら、仕事のスピードは格段に上がりますよ!
旅がそこで待ってます!頑張ろう!

③ 有給休暇を取得したら、休んだあとがこわい

先輩
具体的に何がこわいですか?
上司ですか?その人は仕事だけの関係なんで放っておきましょう。
考えが古い人です。
同僚の目ですか?その同僚は旅の楽しさを知りません。かわいそうに。
仲良くなれません。仲良くならない方がいいです。
時間を吸い取られますよ。これも放っておきましょう。
自分の仕事ですか?
これは仕方ないです。給料分はやりましょう。
まあ、数日分は意外と短時間で取り返せます。
休んでる間に自然に解決してることもあります。

④ 誰かから何か連絡があるかもしれないから、一応、念のため職場に行っておこう

先輩
約束してないのなら大丈夫です。
漠然とした不安は見えない分大きくなりがちですが、大丈夫。
「一応」「念のため」は生産性を下げます。
念のため用意したものなんて最初からいらない可能性が高いんでしょ?
結局いらないってことになります。
いるものをきちんと準備すれば?
特に人に指示する立場の人は「一応」「念のため」は言ってはいけない言葉だと思っています。

⑤ 自分がいないと、この仕事は回せない

先輩
責任感が強いのは良いことです。
でも、こうなるとほんと有休とれませんよ。
「だいたいの仕事は誰でもできる。うぬぼれんな。」
これは僕の考え方です。

 

後輩
僕は、20代ですけど、有休は年15回程度はとってますけどね。

 

有休とる分、きちんと仕事やろうとしてるように見えるよ。この日は休むんで、前の日にはここまで終わらそうって。案外、真面目だよね。あいつ休んでるけど、仕事はちゃんとやってるって思われるようにしないと有休とりづらくなるだろうね。組織に属してる限り、そこは仕方ない事かもね。
先輩

 

 

【まとめ】有給休暇を取得して、旅に出よう!!

有給休暇を取得して旅に出る人の特徴を考えてきました。
有休を取得できるかどうかは取る気があるかどうかです。

中には有休が取れない、取りづらい職場もたくさんあると思います。
僕たちも以前はそうでした。
「有給休暇は社員の権利だ!」とか「有休取るのに理由なんかいらないんだ!」と
法律的なことを言ってもなかなかうまくいきませんよね。
ただ、法律を知っておくのは大切です。正社員でなくても有休取れるんですよ。

有給休暇ハンドブック(厚生労働省の資料)
040324-17a.pdf (mhlw.go.jp)

昨今は働き方改革(なんかもう古い?)が進み、いやみんな有休を取らないから、
有給休暇の計画的付与制度(2019.4~)ができました。
(例:最低5日は有休取れ!その予定を報告しろなんて言われています。)

形はどうであれ、休めるならいいじゃないですか。
休暇取得の動きもうまく利用しながら、有給休暇を取得しよう!
そして、楽しい旅に出よう!


  • この記事を書いた人

しげさん

就活内定の請負人@現役キャリアセンター係長 「就活の始め方を制した者が、内定を制す」をモットーに毎年200名以上の就活生を相手に内定に向けたアドバイスをしています。 偏差値49の中堅地方大学から志望人気ランキング企業トップになる銀行へ内定を得た自身の経験を活かしながら、指導にあたっています。就活生に役立つブログを運営していきます。                経歴:大手銀行員→大学職員(10年目)  目標:毎年このブログ訪問者から内定者1,000人以上輩出すること。

-就活前