ヘレンケラー灯篭

旅バカ

就活前

【世界遺産・宮島⑤】宮島にやって来た歴史的有名な外国人3選

後輩
宮島には有名な外国人が結構来てるんですよ!

「ヘレン・ケラー」とか、「アインシュタイン」とか。

ヘレン・ケラーが触った大鳥居近くの灯籠(とうろう)も有名です!

今回は、

【世界遺産・宮島⑤】宮島にやって来た有名な外国人3選

ということで、

「ヘレン・ケラー」「アインシュタイン」「ヤンレツル」

を取り上げます!

「ヤンレツル」って誰ですか?
後輩

先輩
現在は「原爆ドーム」だけど、原爆投下前の「広島県産業奨励館」を設計した人物で、宮島に存在した「宮島ホテル」(すでに焼失)も設計した人物。
設計した2つの建物が、両方とも何らかの被害に遭っているんですね。
後輩

読んだら何がわかるのか??

「3人の有名外国人が宮島を訪問していた!」

・ヘレン・ケラー

「ヘレン・ケラー灯籠」「岩惣に宿泊」

・アインシュタイン

「弥山に登る」「宮島ホテルに宿泊」

・ヤンレツル

「宮島ホテルと原爆ドーム(広島県産業奨励館)の設計」



ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーの略歴

・1歳の時、髄膜炎の高熱ために視力と聴力を失った

・7歳の時、家庭教師のアン・サリヴァン先生がやって来る

世界各地を訪問し、障がい者の教育・福祉の発展に貢献した

・1968年(昭和43年)、87歳で死去

宮島とヘレン・ケラーの重要ポイント

・日本訪問3回うち、2回(1937年(昭和12年)と1955年(昭和30年))は宮島にやって来た

・厳島神社の大鳥居がよく見える場所に「ヘレン・ケラー灯籠」と呼ばれる、ヘレン・ケラーが訪問時に記念撮影した灯籠がある


(ヘレン・ケラー灯籠)

・ヘレン・ケラーの初来日の最中に亡くなった、50年来の親交があった恩師サリヴァンの功績を讃え、ある日本人が神社の周りの全石灯籠に火を灯して献灯供養を行った

岩惣に宿泊http://www.iwaso.com/(ホームページ)


(岩惣)

岩惣には、昭和天皇、伊藤博文など、数々の有名人が宿泊

※以前紹介した「はつみみ」
≪関連記事はコチラ≫
↓↓↓
【サラリーマン必見①】世界遺産を前に日帰り「ワーケーション」、メリットしかなかった話。

現在(2021.7.19)キャンペーン中です!

中国5県と愛媛県在住者限定の「広島はつみみ限定割引プラン」販売を開始いたします。
こちらのプランは廿日市市の助成金が受けられ廿日市の名産品や水族館のチケットが付いたお得なプランでございます。
お一人様最大5000円割引!
岩惣 | 広島はつみみ | 廿日市・宮島の公式宿泊予約サイト (hatsumimi.jp)
← こちらからご予約くださいませ

ヘレン・ケラーの名言

We can do anything we want to if we stick to it long enough.

あきらめずにいれば、あなたが望む、どんなことだってできるものです。

Remember, no effort that we make to attain something beautiful

         is ever lost.

何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、
決して無駄にならないことを覚えていなさい。

 

アインシュタイン

アインシュタインの略歴

・ドイツ出身の物理学者で「相対性理論」を発見

・1921年(大正10年)度のノーベル物理学賞を受賞

・1922年(大正11年)、日本に滞在

・日本へ向かう最中、ノーベル物理学賞受賞の知らせを受ける

・第二次世界大戦後、核兵器根絶のための平和活動を行う

・1955年(昭和30年)、76歳で死去

「20世紀最高の物理学者」「現代物理学の父」

後輩
アインシュタインの「相対性理論」は原爆を作る過程で応用されたって話を聞きました。
そうらしいね。本人としては、自分の研究成果が核兵器に使われるなんていたたまれない気持ちだったろうね。
先輩

宮島とアインシュタインの重要ポイント

・1922年(大正11年)、宮島を訪問し、弥山(みせん)に登る

宮島ホテルに宿泊

※現在、みやじま杜の宿(国民宿舎)がある場所。

※宮島水族館(みやじマリン)の目の前

アインシュタインの名言

The value of a man should be seen in what he gives

             and not in what he is able to receive.

人の価値とは、その人が得たものではなく、

その人が与えたもので測られる。

In the middle of difficulty lies opportunity.

困難の中に、機会がある。

ヤン・レツル

ヤン・レツルの略歴

・1907年(明治40年)、オーストリアから来日したチェコ出身の建築家

・ヤン・レツェル、ヤン・レッツェル、Jan Letzel

宮島ホテル広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)、松島パークホテル、上智大学、聖心女子大学を設計

・1925年(大正14年)、45歳で死去

宮島とヤン・レツルの重要ポイント

宮島ホテルの設計


(宮島ホテル)

※宮島ホテル

・1917年(大正6年)、完成

 ・宮島観光を楽しむ外国人専用のホテル

 ・木造4階建て、洋風建築、テニスコートもあったらしい

・現在の「みやじま杜の宿」がある場所で、宮島水族館(みやじマリン)の目の前

・1945年(昭和20年)以降は、アメリカ・イギリスの保養施設となる

 ・1952年(昭和27年)、焼失


(宮島周辺地図)

(番外編)広島県産業奨励館の設計


(広島県産業奨励館)

原爆ドームは「広島県産業奨励館」だった!

・ヨーロッパ風の建物

・広島県の物産品の展示・販売、博物館・美術館としての役割があった

・広島県知事・寺田祐之(てらだすけゆき)が前任の宮城県知事時代に「松島パークホテル」の設計をヤンレツルに依頼しており、この縁で「広島県産業奨励館」の設計を依頼した。

1945年(昭和20年)8月6日 8時15分 原子爆弾投下


(原爆ドーム)

まとめ

今回は、

【世界遺産・宮島⑤】宮島にやって来た有名な外国人3選

ということで、

「ヘレン・ケラー」「アインシュタイン」「ヤンレツル」

を取り上げました!

小学校の時に図書室にあった伝記で読んだくらいの人が身近に感じられたね!
先輩
後輩
神の島とよばれる「宮島」は世界の偉人が愛すほど、何か神秘的な魅力があるんでしょうね。
ブログを書きながら色々調べたけど、まだまだ宮島には魅力がありそうだね。
先輩
後輩
地元民だからこそわかることってあるかもしれないので、もっと調べてみましょう!

【宮島関連記事】

【世界遺産・宮島④】地元民が選んだ宮島の食べ物3選とおすすめ店7選

【世界遺産・宮島③】鬼滅の刃にも描かれている「遊郭」が宮島にも実在した!?

【世界遺産・宮島②】地元民が選んだ宮島に行くなら知っておきたい建造物3選

【世界遺産・宮島①】地元民が選んだ宮島に行くなら知っておきたい歴史3選

 

TOEIC対策&ビジネス英語ならBizLearn【BizLearn】



  • この記事を書いた人

しげさん

就活内定の請負人@現役キャリアセンター係長 「就活の始め方を制した者が、内定を制す」をモットーに毎年200名以上の就活生を相手に内定に向けたアドバイスをしています。 偏差値49の中堅地方大学から志望人気ランキング企業トップになる銀行へ内定を得た自身の経験を活かしながら、指導にあたっています。就活生に役立つブログを運営していきます。                経歴:大手銀行員→大学職員(10年目)  目標:毎年このブログ訪問者から内定者1,000人以上輩出すること。

-就活前