行動力

就活ネタ作り

【就活生必見】具体的な体験(就活ネタ)を作りにいくときの注意点 ~目的を明確にすることが大切~

このページにたどり着いていただいた皆様、本当にありがとうございます

某大学の現役キャリアセンター係長のしげです。
学生や同僚からは、「しげさん」と呼ばれています。
銀行員から大学職員になって10年目で、キャリアセンター係長として毎年200人以上の就活生に対して、内定を得る為のアドバイスをしています

【運営者実績】-----------------------------------------
◯自身の内定獲得数18社、志望企業上位の大手銀行へ入行
◯毎年200名以上の就活生にアドバイスをしています
------------------------------------------------

【現状最もおすすめの就活エージェント(完全無料)】
・ミーツカンパニー就活サポート(全国対応)

(22卒用)

(21卒用)


キャリアチケット(全国対応)
上記の2つを併用して1社でも多くの企業を紹介してもらうのがおすすめです!
(無料で内定獲得までサポートしてくれるし、合わなかったら使うのを止めれば良いだけなので、就活塾などを利用するより良いと僕は思ってます)

≪この記事で解決できる悩み≫

★ リゾートバイトに行ってみる気にはなったけど、本当にESや面接のネタ作りになるのか不安です!

★ リゾートバイトをESや面接にどのようにつなげればよいかわかりません!

 

就活生A
やっぱりリゾートバイトに行ってみるのもいいと思うのですが、本当にESや面接のネタ作りになるのか不安です。

就活生B
リゾートバイトをESや面接にどのようにつなげればよいかわかりません。

 

しげさん
リゾートバイトに行くという行動はすばらしいです。そこから内定というゴールから逆算するなら、リゾートバイトでどういったネタを作るのか(目的)を考えていければなお、意味のある行動となります。

 

前回、「ESや面接で使える就活ネタ作り」として、「リゾートバイトに行ってください!」と提案しました

リゾートバイト
【必見】お金を稼ぎながら旅行好き就活生が面接官に好かれる就活ネタ作り(実例紹介付き)

続きを見る

 

インターンシップやボランティア活動ではなく、リゾートバイトをすることによって、ESや面接で、他の就活生と差別化できると考えているからです。

 

実際にリゾートバイトに行って、その成果を利用してメーカーの営業職として入社し、就活を成功させた学生も紹介しました。

 

リゾートバイトに行ってみようと思ってくれた人もいると思います

行動を起こすことが最も大切なのですが、行動を起こすと同時に少し考えてほしいことがあります。

 

そこで今回は、リゾートバイトにバイトに行くときにそれを就活ネタにするための注意点を書いていこうと思います

ポイントは大きく次の2つです。

ポイント

① 目的の明確化

② ゴール(内定)からの逆算

 

「あなたは、何のためにリゾートバイトに行くのですか?」(=目的の明確化

「リゾートバイトでは何を目標(何を就活のネタにするのか)にして達成するのですか?」(=ゴール(内定)からの逆算

 

面倒だと感じる人もいるでしょう。そんなに難しく考えなくてもよいです。

途中で修正することもあるでしょうし、後で考えたら違っていたということもあります。

成功も失敗も大事な体験です

 

ただ、せっかくあなたの貴重な時間を使って行動を起こすのです。

皆さんが、最大限の効果を発揮できるように書いていきますので、読んでみてください。

 

内定を取りたいならリゾートバイトに行く前に、どんな就活ネタが作れるか考えて行こう!

私は、「ESや面接で使える就活ネタ作り」として、「リゾートバイト」を提案しました

そして、「行動を起こしましょう!」と言いました。

  

行動を起こす気持ちを持ってもらえたなら、私もすごく嬉しいです。

是非、行動に移してください!

 

行動に移すだけで十分すばらしいのです。

 

調査条件にもよりますが、何かあったときに、

行動する人が25%

行動して継続できる人が5%

何もしない人が70%だそうです。

行動するだけで上位4分の1に入れます。

 

しかし、ここで考えておいてほしいことがあります。

せっかくリゾートバイトに行くなら、その目的を明確にしてください

 

目的を明確にと言っても、大それたことは考えないでください。

行動するだけであなたは他の就活生より一歩リードしているのですから

 

面接では、よく聞かれる質問があります。

①あなたの強み(弱み)は何ですか?

②学生時代に頑張ったことは何ですか?

この質問に対して、あなたがリゾートバイトで得た経験を話すことができるように、ネタになる行動は何か考えて欲しいのです

例えば、

あなたの強みは何ですか?

私の強みは、周囲がピンチの時に、自ら考え行動することができることです。

大学3年時に熊本県の老舗旅館へ住み込みで2ヶ月間働いた経験があります。

コロナ禍ということもあり、毎日空室が20室中7室程度ある状況でした。

女将やオーナーはこの状況を改善したいとは思いつつもコロナ禍という前代未聞の状況下で、どういう行動が改善策となるのか困惑している様子でした。

この旅館のTwitterアカウントがないことをもったいないと思っていた私は女将へ旅館の公式Twitterアカウントを作成することを提案し、それが了承されました。

実際にTwitterの運用を任せられ、当初はなかなか閲覧者も増えず苦労しましたが、旅館を起点とした、従業員おすすめの観光プランの紹介や料理で使用する食材について、どこから仕入れて、どんな思いで作られたものなのか等従業員だからこそ知る情報を投稿することで、徐々に閲覧者数も増え、最終的には1投稿につき1000人以上の方に閲覧してもらえるアカウントになりました。

お客様の中には「Twitterを見てここに来ました」という方もおられ、周囲がピンチな時に、自ら考えたことを行動を移すことで周り良い影響を与えられた誇らしい気持ちと同時にこれが私の強みだと確信しました。」

 

みたいな感じで、自分の強みになりそうなものを仕事で活かせないか与えられた仕事に対して上司やお客様に褒めれられそうな工夫ややり方はないだろうかと考え行動したことというのは、就活のネタになります。

これからリゾートバイトへ行くので、多少抽象的にはなると思いますが、具体的であればあるほどよいです。

目的が明確になれば、リゾートバイトに行く効果が格段には上がります

 

実際にリゾートバイトで経験を積んだ就活生は、リゾートバイトに行く前、次のように答えていました。

 

しげさん
「あなたは、何のためにリゾートバイトに行くのですか?」
就活生A

① ESや面接での発言を、他の就活生と差別化したものにするため

② 「私の強みは、目標を設定し、その目標が困難でも、解決に向けて粘り強くチャレンジするところです。」という自分の強みに対する具体的な体験をするため

③ リゾートバイトで仕事をする中で、自分の長所と短所を確かめ、それぞれのエピソードと短所の克服について語れるようにするため

④ 学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)の1つとしてPRするため

⑤ リゾートバイトを通して、社会人になった自分を想像して、自分に適した業界・業種を探るため

 

何回も書いていますが、行動におこすことに加えて目的を明確にすることができればより良いです

 

ここでは、ESや面接のためにリゾートバイトに行くということを勧めていますが、目的の明確化は、社会人として働く上でも重要なことです。

 

例を1つ挙げてみます。

キャリアセンターが4年生を対象に大学内で4月に就活生の交流会イベントを企画するとします。まずは目的を明確化します。(なぜ、そのイベントを企画する必要があるのか。なぜ4月なのか。何のために企画するのか。)

① 4年生の4月は、3月に企業の説明会が一斉に始まることで、不安に思う就活生が多くなる時期である。イベントを通して、他の就活生と悩みを共有することで気持ちを落ち着けてもらうため

② イベントに参加しない学生が深い悩みを抱えている場合がある。不参加の学生をチューター教員と情報共有し、学生個々にアプローチするきっかけを作るため

③ キャリアセンターの職員と話すことで、イベント後も気軽に相談できる状況を作り出すため

 

何となく交流会イベントをやった方がよいというのは理解できると思います。

しかし、目的を明確にすることで、この交流会イベントを行う効果が上がるのは想像できると思います。

 

目的を明確にすることは、就活だけでなく、どこでも応用できる考え方なので、実践してみてください。

 

目的を明確にできたら、次はその目的を達成(ゴール)するためにゴールから逆算してやるべきだと思うことを、主観でよいので書き出してみることをお勧めします。

具体的には、次でお話します。

 

目的を明確にしたら、次はゴール(目的達成時点)から逆算して書き出してください。

リゾートバイトに行く目的を明確にすると、行く効果が格段に上がり、経験の濃さが大きく変わってくるという話をしてきました。

  

次は、ゴール(目的達成)から逆算して、具体的に実行することを書き出して決めてください

実行する内容は途中で変わっても全く問題ありません。前もって考えておくことが大切なのです。

前もって考えておくだけで、途中で内容が変わっても軸がぶれにくく、リゾートバイトへ行く効果がますます上がります

 

ここでも、メーカーの営業職として就職した就活生がリゾートバイトに行く前に見せてくれた例を出します。この就活生がリゾートバイトに出かけたのは、企業説明会が始まる前の12~1月の2か月間でした。

ゴールから逆算することです。
達成したい目標があって、その目標を達成するためには具体的に何をしなければならないかをさかのぼっていくのです

 

この就活生が私のもとに相談に来たのは、3年生の10月でした。

「ES・面接で何を書いたら(話したら)よいかわかりません!」ということで、就活生にはよくある悩みを持っていました。

話をしていると、旅行が好きだということもあり、体験作りのためのリゾートバイトを勧めてみたのです。本人もやる気になって、11月中に申し込んで、12月に思い切って出かけてくれました。

(ゴールから逆算した計画表)

時期 内容
1月26~31日 リゾートバイトにきた目的を達成できているかどうかを振り返ってまとめる
1月19~25日 目標と解決策について、ESや面接での発表することを前提でまとめてみる
1月12~18日 社会人になった自分に向いている業界・業種を考えてメモする
1月5~11日 予備週
12月29~1月4日 1か月経過し、目標と解決策、長所と短所、ガクチカエピソードを整理してまとめる
12月22~28日 学生時代に力を入れたこととしてPRするためのエピソードを考える
12月15~21日 2週間終わって、仕事の出来具合から、自分の長所と短所を書きだす
12月8~14日 目標の解決策を考え、思いつく限り列挙する。列挙した解決策の中で実行できそうなものを実行する
12月1~7日 困難かもしれない目標を見つけてメモをしておく

 

リゾートバイト中の修正はOKです。あくまで計画です。
むしろ、臨機応変に予定の変更はしなければなりません。

 

これで、目的を明確にし、ゴール(目的達成)から逆算して考えられました

次は、実際のESや面接で実際にどのように使っていけばよいかをお伝えします

 

最終目的(最終ゴール)はESや面接を成功させることです

リゾートバイトを単なる体験で終わらせるのではなく、目的を明確化し、ゴール(目標達成)から逆算して考えてきました

 

ここで、いったん最終目的(ESや面接でPRすること)に戻ります。

リゾートバイトへ行くことは、あくまでもESや面接を成功させるための手段です

 

もう一度言います。

あなたの最終目的(最終ゴール)はESや面接を成功させることです

 

ここでは、あなたの最終目的(最終ゴール)であるESや面接を成功させるために、企業側(面接官)が求めていることを考えてみます

 

企業側(面接官)が何を求めているかを考えることは非常に重要です

ESや面接のときに、どうしても自分が言いたいことをアピールしたくなって、聞かれてもないことに長々と答えたり、話が別の方向へ流れていってしまったりする場合があります。

これでは、企業側にコミュニケーション力がない、一貫性がないと判断されてしまいます。

企業側は、質問に答えてほしいのです

意外性よりも、的確に答えてほしいと思っています

  

では、面接官はどのような答えを求めているのでしょうか?

人の気持ちを理解しながら話をするのは、非常に難しいことです。

普段の人間関係でも、人の気持ちを理解しながら人と付き合っていかないといけない場面があると思いますが、やっぱり難しいです。

 

ここではシンプルに考えましょう。

面接官が求めていることは次の3つです。

① この就活生が入社したら、活躍してくれるだろうか

② 就活生と会社(業務内容や社員との相性)が合っているだろうか

③ 話していることに矛盾はないだろうか

順番に見ていきます。

 

① この就活生が入社したら、活躍してくれるだろうか

 こちらの記事で詳しく触れています。

リゾートバイト
【必見】お金を稼ぎながら旅行好き就活生が面接官に好かれる就活ネタ作り(実例紹介付き)

続きを見る

「活躍」という言葉に中には、「仕事で貢献してくれること」「人間関係を円滑に進められること」「長く続けてくれること」など、様々な意味が含まれていますが、いずれにしても、あなたがあなたのことをきちんと伝えなければ、企業側はあなたが活躍する姿を想像することができません。内定を出す判断を下すことができないのです。

あなたの強みやPRしたいことにわかりやすい具体的な体験(他の就活生と差別化できる体験)を入れて、企業側が具体的な映像を頭の中で思い描けるような発言をしてください。

高時給還元!2か月で50万貯まる!リゾートバイトなら【アルファリゾート】
※下のリンク先の上部にある「ご登録」というところから新規登録して、具体的な話を聞いてみてください!
あなたに合ったリゾートバイト先を紹介してくれます。


アルファリゾートは株式会社アルファスタッフが運営するリゾートバイト専門の求人サイトです。

北海道から沖縄まで全国リゾートバイトの最新情報をリアルタイムでお届けしています。

「着物を着るお仕事」・「語学力を活かせるお仕事」など短期・長期の求人情報を500件以上掲載しています。

現在、全国有名リゾートホテル・旅館・ リゾート施設・スキー場等、全国500館以上の取引先を持ち、急成長を続けています。

海外からの留学生・ワーキングホリデー等の求職者も積極的に受け入れ現在、登録スタッフ延べ6万人・月間5万人のユーザーが閲覧する人気の求人サイトとなっています。

仲居をはじめ、フロント・調理・レストランホール・売店・裏方 その他レジャー関連、マリンスポーツ関連、スキー場等、その職種は多岐にわたります。 

 

業界No.1の高時給!!リゾートバイトなら【リゾートバイト.com】

リゾートホテル、旅館、ペンション、スキー場などのリゾート地での住み込みバイトの派遣になります。

寮費・食費、水高熱費が無料です。その他、スキー場ではリフト券、

温泉地では温泉無料など、働く場所によってさまざまな特典がつきます。

 

② 就活生と会社(業務内容や社員との相性)が合っているだろうか

入社後のミスマッチはよく起こります。

ミスマッチが起こると、就活生にとっても不幸ですが、企業にとっても不幸です。あなたを採用するまでに、かなりの時間(ESや面接、準備、手続きなど)とお金(研修費、採用担当者の人件費など)をかけています。

 

ここは、【リンク4-1「OB/OG訪問をしてみること」の意味 ~質問はよく練って~】をしっかり読んでみてください。企業側とのミスマッチを防げますし、ESや面接での発言が企業側にリアルに届くようになります。支援サイトのリンクを貼っておきます。

 

就活生のESや面接での発言をとおして、業務内容や社員との相性を見ています。

まず、ESや面接で企業側の求めているものを理解する必要があります。

エントリーする企業の情報は、ウェブサイトや会社案内などを通して手に入れることができます。ただし、ウェブサイトや会社案内の情報が会社の実情を教えてくれるとは限りません。企業が外部に向けて発信する情報は、基本的に企業にとって良いことが書いてあります。しかも、その企業に入社したい人は誰でも見ているので、あまり差別化にはなりません。

ここでは、OB・OG訪問が有効です。

その企業のことは、そこに所属している人に聞くのが一番です。

まずは、あなたの大学のキャリアセンターの職員やゼミの先生などに聞いてみましょう。あなたにぴったりの人を紹介してくれるでしょう。

しかし、あなたの大学の卒業生にOB・OGがいればよいのですが、OB・OGがいない場合もあると思います。そんな時は、それを支援してくれるところを頼りましょう。

これまでは、自分で先輩を探すか、ゼミの先生や大学のキャリアセンターに相談するしかなかったのですが、現在は、実際に勤務している社員に気軽に話を聞けるチャンスが広がっています。社会人との接点を持つハードルがかなり下がっていますので、これを使わないのはもったいないです。

いくつか紹介しますので、ユーザー登録や会員登録をして、利用してみてください。

 

オンライン社員訪問サービス(キャリーナ:旧称CREEDO)
※無料登録をしてみましょう!様々なキャリアを持つ人の話が聞けます。
ESや面接でも利用できるような話がたくさんあります。

キャリーナ(旧称 CREEDO)は、さまざまな職種・企業の社員からキャリアナレッジを直接聞けるオンライン社員訪問サービスです。百人百様のキャリアナレッジを共有知にすることで、キャリア選択における不確実性の解消を目指しています。

ユーザー登録は無料です。多くのキャリアナレッジを無料で聞くことができますが、有料のものも一部あります。

Qどのようなキャリアナレッジを聞けますか?

A幅広い業種・職種のキャリアナレッジが約2,000件登録されています。「大企業からベンチャー企業への転職」「新規事業の立ち上げノウハウ」「ワーキングマザーのキャリア」など、特定のテーマで聞くことも可能です。

Qキャリアナレッジに申し込んだ後の流れはどうなりますか?

Aお相手が申し込みを引き受けると、トークルームが開きますので日程などを調整してください。ワンボタンで開始できるビデオ通話機能で、手間なくオンライン社員訪問が可能です。

Q名前を公開したくありません。

Aニックネームでのプロフィール登録が可能です。

 

大学生向け就活サイト!OB訪問が手軽に出来る「OBトーク」



就職活動を行う4年生大学の学生(全国)が対象です。

・自分の大学以外のOBにも訪問可能

・アプリ内社会人は全員本人確認済み&レビュー機能&24時間パトロール

 で安心安全。(twitterで怪しい人に引っかかる人もいらっしゃいます)

・音声機能が付いているので顔出し無しでの訪問も可能

・就活版clubhouse機能搭載の音声イベントで社会人の本音が聞けるかも

・学生完全無料

・企業からのオファーも有り

・OB訪問サービスとして、メーカーや金融機関含めOBトークにしかいない社会人がたくさんいる。

・日本唯一のclubhouse機能を有する就活サービス。

・音声イベントで効率的に生の声が聞ける、参加できる。

 

また、企業の「IR情報」も役に立ちます。

「IR情報」とは、Investor Relations(インベスター・リレーションズ)」の略で、企業が自ら株主や投資家に向けて発信する、企業自身の情報(経営状況や財務状況、業績動向)のことです。株式を上場している企業は、この「IR情報」を公表する義務があります。企業にとっては、株主や投資家との信頼関係を構築し、市場での正当な評価を得ることは非常に大切なので、かなりきちんと書かれています。一度確認してみましょう。

 

③ 話していることに矛盾はないだろうか

冒頭にも書きましたが、ESや面接のときに、どうしても自分が言いたいことをアピールしたくなって、聞かれてもないことに長々と答えたり、話が別の方向へ流れていってしまったりする場合があります。

これでは、コミュニケーション力がない、一貫性がないと判断されてしまいます。

ESや面接で何をどのようにアピールするのかは、何度も繰り返し見直しましょう

 

何のために体験を積むのかを何度も繰り返し確認してください。軸がぶれると企業に伝わりません。

行動を起こすことは本当に大切です
行動を起こさない人の方が多いです

しかし、その行動の目的(ゴール)を明確にすることによって、その行動はより効果を発揮します

そして、ゴールから逆算して、具体的に実行することを書き出すことで、途中で内容が変わっても軸がぶれにくく、行動の効果がますます上がります

さらに、この作業は、繰り返し確認して話の一貫性(軸)を確認することで、良いものになっていきます

このとき、面接官が求めている3つのことを意識してみてください。

① この就活生が入社したら、活躍してくれるだろうか

② 就活生と会社(業務内容や社員との相性)が合っているかどうか

③ 話していることに矛盾はないか

 

うまくいかないこともあるでしょうが、たかが就活の面接です

初対面の面接官と数分話すだけです。
その後入社して、ずっと関わっていかなければならないかもしれませんが、それはその時です。

うまくいかなければ、合わなかったと思ってあきらめることも大切です

 

難しい部分もありますが、やり切ってください。きっと就活がうまく進みます。

 

次回から、実際の就活生からの相談とそれに対する回答をお伝えします

 

  • この記事を書いた人

しげさん

就活内定の請負人@現役キャリアセンター係長 「就活の始め方を制した者が、内定を制す」をモットーに毎年200名以上の就活生を相手に内定に向けたアドバイスをしています。 偏差値49の中堅地方大学から志望人気ランキング企業トップになる銀行へ内定を得た自身の経験を活かしながら、指導にあたっています。就活生に役立つブログを運営していきます。▲経歴:大手銀行員→大学職員(10年目)▲目標:毎年このブログ訪問者から内定者1,000人以上輩出すること。

-就活ネタ作り